■物件名/ OGAKI▲HOUSE

■計画概要
用途:一般住宅
敷地面積:130.64平米(39.46坪)
延床面積:108.90平米(32.88坪)
構造:木造在来工法
階数:2階
構造設計:正木構造研究所

施工:玉田建設(ASJ岐大スタジオ)
撮影:矢野紀行
竣工時期:2010年 7月

■施工金額(単位:万円)
●2001-2500  ○2501-3000

■コンセプト
この住宅は周辺環境及び敷地条件から導かれている。
冬季、この地域では強い西風(伊吹おろし)が吹く。
そのため屋根を地面近くまで延ばし、冷たい風を屋根で受け流すことで建物への熱負荷を抑える計画としている。
夏季は様々な箇所に設けられた中庭及び中央のヴォイドから内部に溜まった熱を外部に排出する仕組みとなっている。

住宅を考える上で、最も重要なことは家族のコミュニケーションがどのようにデザインされているかということである。
ここではエントランスと向き合ったキッチン(子供の帰宅時に母と子が顔を合わせる)や、2階全体をワンルームとした子供部屋、家族の声を上下階で伝えるための吹き抜け(ルーバー床)など家族のコミュニケーションを促す要素が多く盛り込まれている。
この住宅は敷地のコンテクスト、外的要素、熱環境、家族のコミュニケーション、構造計画、コストなどを考慮した結果、三角の形態を選択することとなった。

This residential house is introduced from the ambient surrounding and the conditions of site planning.
In winter seasons, the strong west wind (the fall wind of Ibuki) blows in this area
So it is the plan of suppressing the load of the building by extending its roof up to the close to the ground soil and fending off cold winds at the roof.
In summer seasons, it is the structure that discharges the accumulated heat inside to the outside through the VOID of the inner court and the central VOID installed various parts.

T
he most important feature in the house design should be how communication among family members can be assured.
For that matter, the design has many elements to encourage communication; for example, a kitchen facing the entrance (to provide an opportunity for a mother to meet her children when they come home), a children's room spreading throughout the second floor, and an open ceiling space (a louver type floor) which the voices of family members can get through.
Considering the site context, external elements, heat environment, family communication, structure plan and cost, I decided to select a triangle design.

現場写真