佐 々 木 勝 敏 建 築 設 計 事 務 所   K a t s u t o s h i S a s a k i + A s s o c i a t e s


This is a plan of a factory designing cars. Since it is a production facility, its priority is on functionality and building cost but we thought it best to propose a method of expanding its function as a factory while taking a rational step.
Our client is a company carrying out research and development of car design in collaboration with domestic and overseas car manufacturers. Confidentiality of its development content is one of the most important elements required of this building. If you use conventional methods and prioritize confidentiality, the building will become a closed environment, but since the surrounding landscape is beautiful and the work involves creativity, we proposed a factory architecture connecting the surrounding natural environment and the work environment. Although flow lines and operability are the most important elements in a factory, work environment for workers and the company's impression to the visitors are also an important factor. By focusing on not only productive rationality but also the users' internal aspect, the function that the building provides will increase. With car design, scale of meter units like in completed cars and scale of micron units with painting and polishing co-exist. We have altered the lighting (natural light/artificial lighting) of each space to suit the wide range of processes from precision work to checking the finished product. Furthermore, various sequences are provided inside the building by connecting the relationship between objects, people and nature with scale, frame and openings.
Among others, we are proposing projecting scenery on to the floor as a method of connecting nature with the internal space while maintaining confidentiality. With the changing sky and the surrounding landscape being projected, it will become a workplace where non-artificial natural scenery and time goes by.For the facade, we have used our original style of utilizing soil from the ground. We have created more than 100 samples in order to produce jet black tiles by altering the mixture of soil and the heat of the kiln. Amidst number of tile manufacturers decreasing and local industry declining, we are hoping that the value of the local industry will be reviewed in a new way.We believe, as a factory building, a new work environment has been provided by having scenery of an ever-changing nature, at its fullest, in a rational and quiet space.



愛知県豊田市に計画された自動車デザイン関連の工場の計画である。

ここでは効率的な動線と製作に関する要求に応えながら、周辺環境とのつながり、内外部の関係、地場の素材・産業とのつながりについて提案を行った。

□敷地|工業団地として市が造成した場所である。緑化された豊かなランドスケープが南、西側に展開している。



□要望|クライアントは自動車メーカー各社と提携しデザイン支援、研究開発を主業務としている企業である。作業環境は元より外部からの機密性が求められた。

      機密性の確保とは外部に対して閉じることではなく外部からの視線についての対策を講じることであると捉え検討を重ねた。

      通例としての閉鎖的な工場はどこか風景から孤立しており、なによりここには恵まれた周辺環境が広がっていたので内部空間とつなげたいと考えた。



□エントランス|豊かな周辺環境に対して扉1枚で内外を仕切るというのはどこか違和感がある。場に合わせたスケールと外と内をつなぐ間(余白)が必要である。






□内部構成|内部はオフィスエリアと工作・塗装エリア、完成品の確認スタジオなどに分かれている。

         自動車デザインには完成車などメートル単位のスケールと、塗装・研磨作業のなどのミクロン単位のスケールが共存している。

         精密な作業や完成品の確認など、スペースごとに異なる製作・確認内容に合わせて人工照明と自然光の関係を変えている。



左:樹脂から三次元でボディを削りだすNC室(機械設置前) 右:塗装ブース、研場





スタジオ:試作車の最終確認を行う場所。自然光の元で確認する場合は外部のビューイングヤードを使用。



□風景とつなぐ|スタジオ、ビューイングヤード、周辺のランドスケープをつなぐ。高反射する素材を用いることで床を通じて「空のうつろい」が内部に反映される。





自然に反応する内部空間。



ビューイングヤードからスタジオ。


□屋外通路|スタジオへの来客の交錯を避けるためにエントランスから直接つながるルートAと屋上通路からのルートBの2つの動線を設けている。





外部通路の手摺壁はスタジオへの採光と換気・排煙窓を兼用している。


□WORKSPACE|動線、製作、搬出入など多くの用途が集まる基幹スペースとして建物中央に配置されている。




建物中央のスペースは外壁に面している箇所が少ないため採光が確保しにくい。そこで架構と開口を同時に計画しハイサイドからの採光を確保している。

具体的には13mスパンに対してフィーレンディールトラスを2mピッチで配置し、その上下にスラブを配置し、北側のみ開口として開いている。










北側からの柔らかい自然光を天井トラス内で反射させ「光溜」を浮かび上がらせている。これまで住宅で取り組んできた自然光との関わりを応用している。




閉鎖的になりがちな中央スペースに開放感が生まれている。空が望める作業場は日中照明を必要としない。


□オフィススペース|異なるスケールの諸室が開口を横断しながら配置されている。壁面は自然吸気口及び設備配管スペースとなっている。



食事スペースでは空と地面の緑を眺められる位置に室断面と開口を調整し、オフィスではテーブル高さにあわせた90cmの腰壁上部が開口となっている。



エントランスでは外部からの視線を緩やかに遮断しながら視界が抜ける計画となっている。




□地場産業と素材|ファサードには地場(豊田市)の土を用いたオリジナル製作タイルを使用している。

             釉薬を用いずに土の調合と窯の熱によって漆黒のタイルを製作したかったのでそれらの工程で100パターン以上のサンプルを製作した。

             タイル製造会社の数が減り地場産業が衰退していくなかで、新しい形で地場産業の価値が見直されればと考え
今回の素材を選定することとした。

             東海圏で活動する設計事務所として拠点が地方というだけではなく、地場の素材を用いて、地場産業と共に建築をつくっていけたらと考えている。

             土の採取現場の様子






□概要

用途:工場/工事種別:新築/構造:鉄骨造2階建て/基礎:布基礎、地盤改良

敷地面積:9801.72u/建築面積:1978.88u/延床面積:2320.14u/建物高さ:11.0m

外壁仕上げ:製作タイル(豊田産)、金属サイディング

内部仕上げ:天井|化粧石膏ボード他 /  壁|ジョリパット、塗装仕上げ他  /  床|高反射塗り床、OAフロア、塩ビシート他

設計監理:佐々木勝敏建築設計事務所、構造設計:寺戸巽海構造計画工房

電気設計:小野電気、設備設計:籾山設備設計、造園:GARDEN WORKS園三、撮影:佐々木勝敏