佐 々 木 勝 敏 建 築 設 計 事 務 所   K a t s u t o s h i S a s a k i + A s s o c i a t e s




南北に住宅が立並び東西に開けた立地に立てられた住宅である。


コストを抑えることと単純で明快な形態という要望に対してシンプルな架構を計画した。


一日中陽が射すように近隣から日陰にならない位置に小さな高窓を設けた。


等間隔で小さな柱が屋根を支えている。

立方体の上に光採りの窓を乗せている。


道路-駐車場-庭-アプローチ-エントランス-リビングと緩やかに内外がつながる計画。


左:エントランス、床は大谷石。 右:キッチンの裏に外で食事が楽しめる庭を設けた。


外壁と同素材の扉を開けると内外がつながる。


庭の植栽によって緩やかに視線を遮断。


上下階を繋ぐ階段室には高窓から常に光が注ぐ。


階段室は動線というだけでなく上下階を繋ぐ重要な場所。


廊下の先にある自然光が空間をつなぐ。


各部屋ごとに自然とのつながりを設けコンパクトな建物の中に多様な風景が展開する計画となっている。