佐 々 木 勝 敏 建 築 設 計 事 務 所   K a t s u t o s h i S a s a k i + A s s o c i a t e s

 


2世帯住宅の計画|既存の塀や庭を活かしながら新しい建築が街に加わることについて考えた。

 

 

 

 

 

 

深さ|光や影の奥行きによって居室のスケールは伸縮する

 

 

 

 

 

 

 

大屋根を載せる|新しさというより継承されてきた形態や「屋根」という建築要素についての提案

 

 

 

 

 

 

軒下|風景を切り取り、光を吸収する黒い軒天。

 

 

 

 

 

屋根を窪ませる|この計画における唯一の建築的操作。

 

 

 

 

 

境界|二世帯の境界を光庭で隔てながらつなぐ

 

 

 

 

 

 

 

素材|光庭は内外が曖昧な場所である。

 

 

 

 

 

 

居場所|様々な場所に家族の居場所を設ける

 

 

 

 

 

 

 



光溜|空気のヴォリュームが浮かび上がり彩を添えながら内部を変容させる




両親側

夫婦側

 



青の光庭



□計画概要

所在地:愛知県豊田市
敷地面積: 453.88m2
建築面積: 160.56m2
延床面積: 147.67m2
施工費:4000-4500万円
構造:木造
外部仕上げ:吹付け塗装
内部仕上げ:吹付け塗装、ラワン合板
設計期間:2012年1月〜2012年11月
施工期間:2012年12月〜2013年7月
設計:佐々木勝敏建築設計事務所
構造:寺戸巽海構造計画工房
施工:株式会社 井上工務店
造園:GARDEN WORKS園三
撮影:佐々木勝敏建築設計事務所