佐 々 木 勝 敏 建 築 設 計 事 務 所   K a t s u t o s h i S a s a k i + A s s o c i a t e s
 
01  計画相談

新築のご相談から既存建物の増改築にも応じています。

住宅、集合住宅、店舗、オフィス、医療施設などの実績

があり、ご予算とご要望を踏まえた上で将来必要と思わ

れることを提案しております。依頼の有無の関わらず事務

所にお越し頂いた方には無料でご相談に応じております。

前もって電話かメールにてご連絡下さい。
02  ご契約前に

設計契約を結ぶ前に提案を見てみたいという方は

設計着手金8万円(税抜き)にて基本設計の提案を行っております。

上記には敷地・法令調査等及びコンセプトシート 10数枚、

図面、CG、プレゼン模型が含まれています。

初回顔合わせにてお互いの相性、ご要望とご予算のバランスなどを

お聞きした上でお引き受け可能かお返事させていただいております。


※愛知県外の場合は交通費を別途お願いしております。
03  基本設計

敷地条件と頂いたご要望を元に検討を行います。始めに

ラフスケッチを数百案作成した後、数十台のスタディ模型

を制作し空間の確認を行います。スタディ内容は様々です

が、プレゼンテーションはご要望を十二分に反映した内容

となっております。約20頁のプレゼンシートにてわかりやすさ

を重視してご説明しています。

04  実施設計

提案をご快諾頂いた場合は、設計契約を行います。

設計監理料は規模や用途によって異なりますので直接お問合せ下さい。 

基本設計が終わると概算見積もりを施工会社数社に依頼し

ご要望とご予算のバランスを確認します。 概算見積もりが

ご予定の範囲内であった場合、実施設計 (仕上げ、建具、

電気設備、構造など詳細図面)に移ります。ここで細部の

ご要望を計画に反映していきます。

05  見積精査

実施図面終了後、施工会社数社に見積もりを依頼します。

施工会社によってコストの開きは2割近くなることもあります。

さらに見積もり精査や仕様変更によって、計画内容を殆ど

変えずに1割近い減額
を行なえる場合も多々あります。

最終的に設計監理料
を上回る予算調整が可能なことも多く、

つまり設計事務所が計画に関 わることで施工費が抑えられ

るケースがあるということです。

06  現場監理・アフターフォロー

施工会社決定後、工事請負契約を行い設計では確認申請図面

を作成・提出します。認可後着工となります。

現場が始まりますと週1〜2回のペースで現場監理に行き、その

都度現場写真を添付した監理報告書をお施主さんにお送りして

います。 施工プロセスを楽しんで頂くために現場での打合せも

定期的に行っています。竣工後は施工会社単独ではなく設計

事務所も連携を図りながらアフターフォローを行っています。

建物を長く大切にお使い頂くにはメンテナンスも大切です。